連盟規約

茨城県小学生バドミントン連盟規約

          第1章 名称および本部
(名 称)
第1条
   本連盟は、茨城県小学生バドミントン連盟と称する。
(本 部)
第2条
   本連盟の本部事務所は、理事長宅に置く。

          第2章 目的および事業
(目 的)
第3条
   本連盟は、茨城県内の小学生(ジュニア)バドミントン競技団体の中枢機関となり、バドミントン競技の健全
   な普及発展を図り、小学生(ジュニア)の育成と体位の向上に寄与し、併せて将来社会に貢献できる
   人間を養成することを目的とする。
(事 業)
第4条
   本連盟は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
   (1)小学生(ジュニア)のバドミントンに関する調査研究
   (2)小学生(ジュニア)のバドミントンの普及啓発並びに指導奨励
   (3)小学生(ジュニア)のための競技会の開催並びに選手の派遣
   (4)その他本連盟の目的を達成するために資する事業
第5条
   前条の事業を実施するための細則は別に定める。

          第3章 組織
(組 織)
第6条
   本連盟は、本連盟の趣旨に賛同する茨城県内の小学生(ジュニア)バドミントン競技団体をもって組織し、
   茨城県バドミントン協会の団体会員となる。

          第4章 加入及び脱退
(加 入)
第7条
   本連盟に加入しようとする団体は、別に定める細則に定める所定の加入申込書に登録料を添えて会長に申
   し込み、その承認を受けるものとする。
   加入団体は、毎年度所定の登録用紙に登録料を添えて登録を行うものとする。
(脱 退)
第8条
   本連盟を脱退しようとするときは、その理由を具して会長に申し出るものとする。

          第5章 機 関
(機 関)
第9条
   本連盟の機関は、総会、理事会とする。また、必要に応じて専門委員会を置くことができる。
(総 会)
第10条
   総会は、正副会長、理事および代議員で構成し、次の事項を決議する。
   (1)事業報告および収支決算報告の承認
   (2)事業計画および予算案の承認
   (3)規約および規定の改廃
   (4)役員の選任
   (5)その他の重要事項
第11条
   総会は年1回会長が招集して開催する。また、必要に応じ臨時に開催することができる。
   1 総会の議長は会長がつとめる。
   2 総会は次の事項を審議し決定する。
    (1)事業並びに収支決算の承認
    (2)予算編成及び事業計画
    (3)規約の改廃、役員の選出
    (4)その他の重要事項
(理事会)
第12条
   理事会は、正副会長および理事で構成し、必要に応じて会長が招集する。
(専門委員会)
第13条
   専門委員会は、選出された専門委員を以て構成し、会長から委任された専門事項を担当し結果を会長に報
   告する。
(決 議)
第14条
   本連盟の機関は、委任状を含め、構成人員の2分の1以上を以て成立し、その決議は出席者の過半数を以
   て決する。可否同数の場合は議長が決する。

          第6章 役 員
(役 員)
第15条
   本連盟に次の役員を置く。
    (1)会 長   1名
    (2)副会長   若干名
    (3)理事長   1名
    (4)事務局長  1名
    (5)副理事長  若干名
    (6)常任理事  若干名
    (7)理 事   若干名
    (8)顧 問   若干名
    (9)代議員   各団代表
    (10)監 事  2名
第16条
   会長、副会長は総会において推薦する。
   会長は、本連盟を代表し、会務を総理する。
   副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
第17条
   理事は総会の同意を得て、会長が委嘱する。
   理事は理事会において重要事項の審議決定にあたる。
第18条
   理事長は、理事の互選により推薦し会長が委嘱する。
   理事長は会長の命を受け会務を執行する。
   副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故ある時はその職務を代行する。
   常任理事は理事組織の中核を担い連盟事業の遂行に務める。
第19条
   代議員は、第5条に定める競技団体の代表1名とし、本連盟の事務局に届け出るものとする。
   代議員は、総会において重要事項の審議決定にあたる。
第20条
   監事は、総会の同意を得て会長が委嘱する。
   監事は、本連盟の会計及び一般会務を監査する。
第21条
   役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
   役員を辞任する場合には、会長の承認を得るものとする。
   役員に欠員が生じた場合は、速やかにこれを補充し、補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。

   付 則 本連盟の規約は、平成19年4月1日より施行する。
        (平成18年4月制定版「全面改正」)
        平成22年6月 「組み合わせ規定一部改正」
        平成23年4月 「加入及び登録規定一部改正」
        平成24年4月 「選手強化事業実施規定一部改正」「会計規定制定」
        平成26年4月  規約(役員)第15条「顧問若干名」を加える。
                  及び規約細則「加入及び登録規定第4条、第5条一部改正」
        平成27年4月  「細則」の修正
                  加入及び登録規定の第2条の追記。
                  加入及び登録規定第7条の年度内移籍を追記。
                  加入及び登録規定第7条の年度内移籍様式3を追記
                  大会組み合わせ規定の第1条を修正
                  大会組み合わせ規定の第1条に基づく別表を追記
                  大会組み合わせ規定の第2条地区出場枠を削除
                  大会組み合わせ規定の第2 条全国出場者へ物品支給を追記
                  大会組み合わせ規定の第3 条監督席の制限を追記
                  選手強化事業実施規定第2条強化事業経費の訂正
                  選手強化事業実施規定第3条強化選手低学年枠追記及び
                  強化指定に係る事務手続きの内容一部改正
                  選手強化事業実施規定第4条強化委員会の内容追記
        平成28年4月  規約第15条18条 常任理事の追記
                     細則 加入及び登録規定 第1条 第2条の改正及び 様式変更
        平成29年4月  規約第5条 登録料の変更
                     細則 大会組合せ規定第4条を追記

平成30年4月  会計規定を追記
平成31年4月  細則 会計規定 第1条 旅費日当規定等の修正及び別紙1を追記

   ※細則は掲載しておりません。総会資料をご参照ください。

組織

■茨城県小学生バドミントン連盟
会長 松下 高輝
副会長 広木 麗子
理事長 椎名 修
副理事長 佐藤 英男日向 晴美海老澤 孝一

■常任理事
荒川 功新井 博司小峯 岳央

■理事
企画理事 浦野 昌士 杉山 伸也 水柿 美幸
会計理事 淀  幸   海老澤 晃子 栄永 純子
競技理事 平松 光子 永井 弥生飯田 恒夫 江尻 享一
審判理事 大津 嘉弘 大和田 幸二
強化理事 森 史秀稲光 かおる 保坂 謙治仁田 健太郎
   七谷 一利木村 和夫
会計監事 瀬谷 直行 山本 敏弘
顧問 大橋  茂

■茨城県小学生バドミントン連盟 専門委員会
 ○事務局
事務局長 日向 晴美
登録 浦野 昌士志賀 守
HP 水柿 美幸
委員 荒川 功栄永 純子
 ○企画運営委員会
委員長 佐藤 英男
副委員長 新井 博司
委員 平松 光子永井 弥生荒川 千代子佐藤 章子
荒川 功浦野 昌士水柿 美幸 志賀 守
飯田 恒夫瀬谷 直行 杉山 伸也淀 幸
大津 嘉弘大和田 幸二西田 由紀中村 資良
江尻 享一荒川 紀子 佐藤 誠洋小茂田かおり
千代 和弘
 ○会計委員会
委員長 淀 幸
委員 栄永 純子小峯 岳央
 ○強化委員会
委員長 海老澤 孝一
副委員長 小峯 岳央森 史秀稲光 かおる保坂 謙治
委員 七谷 一利 百瀬 義和 清水 誠三木 武
  高嶋 進大滝 紀和 草間 舞巳 藤森 大嗣
 黒山 都喜子 長岡 忠仁倉持 祐希坂本 恵里
鈴木 健二飯田 行紀木村 和夫(県協会)  
会計 海老澤 晃子仁田 健太郎